第3回もものいち MOMOテラスの蚤の市

by ダンデライオン

です。

第3回もものいち
第3回もものいち
 
第3回もものいち2
第3回もものいち2

とき:2017年4月22日(土)、23日(日) 10~17時
ところ:MOMO Terrace (京都市伏見区桃山町、ホームページ)

伏見桃山のJR・地下鉄六地蔵駅すぐそばのMOMO Terraceにて、春の蚤の市が開催されます。
関西を中心とした古本屋・パン屋の出店、ステージではライブもある、2日間のお祭りです。

古書店:ON THE BOOKS(大阪)、SUS~くらしと本のみせ スウス~(大阪、移動販売)、
とほん(奈良)、FOLK old book store(大阪)、本は人生のおやつです!!(大阪)、
ぽんぽんぽん ホホホ座交野店(大阪)、LIFE AND BOOKS(東京)、町家古本はんのき(京都)

パン屋:cafe&curry zushi curry、ササキパン本店、天使のパン、LE-KUROE(ル・クロエ)、
zaccafe PAKU(22日(土)のみ)、パン屋BOO(22日(土)のみ)…and more

LIVE:
22日(土) 13時~ ダブルダッチ(なわとび) 14時~ 雅Big(キッズダンス)
      15時~ 鴨川ジプシーセッション(ジャズギターデュオ)
      16時~ By Grace Gospel Choir(ゴスペル)

23日(日) 11時半~ 日のHIP-HOPサークルドルフィン(キッズダンス)
      13時~ Jazz~槐エンジュ~(ダンス)
      14時~ BMB KIDS(キッズダンス)
      15時~ ZUMBA~jellyfish~(ラテンダンス)
      16時~ 尾辻優衣子(二胡)

町家古本はんのき店頭で、もものいちフライヤー配布中です。


いまどきのブックフェア vol.3

by ダンデライオン

です。

とき:2017年3月18日(土)13時~20日(月・祝)15時まで
ところ:Impact Hub Kyoto (ホームページ)

毎年、いろいろスクールで開講されている「いまどきの本屋のつくり方講座」の仕上げ実習として開催されているブックイベント「いまどきのブックフェア」が今年も開催されます。
参加書店から集められた本を、講座の生徒さんたちが、自分たちのアイデアで棚に並べ、本屋体験をするというもの。
今年は参加店舗数がさらに増え、会場も、その選書のユニークさや、様々な本に関するイベントでも注目されている「MONTAG BOOKSELLERS」のある「Impact Hub Kyoto」さんで開催されます。

今回はしかも、3日間50時間連続で開店する、という前代未聞のもの。同会場内でも、いくつもイベントが開催され、誰がいつ行っても楽しめるものになっています。

参加店舗や同時開催イベントなど、詳しくはコチラ


2017年あけましておめでとうございます

by ダンデライオン

です。

昨年7月に移転再オープンしてはや5か月、旧年中は弊店をご愛顧賜り、ありがとうございました。
2017年も、店舗営業ならびにイベント出店や出張棚など、面白い古本を一冊でも多くお届けするべく、3人でやっていきますので、どうぞ、よろしくお願いいたします。

・新年会マーケット

とき:2017年1月9日(月・祝) 12~16時
ところ:POEDER PLANT (河原町今出川下る清和テナントハウス2階、ホームページ)

1月初めの3連休。新年にまつわる、おいしいものや、たのしい雑貨や本のお店がたくさんあつまった、新年会マーケットを開催します。お雑煮や日本酒など、まだまだお正月のお祝いムードを楽しみましょう。(主催の山ト波ホームページより)
町家古本はんのきも出店いたします。
ライブあり、似顔絵、書き初めあり、フード・ドリンクも充実。ぜひぜひ。
出店者
・食堂souffle(おでん・お惣菜)
・スナック通子(ぜんざい・お雑煮)
・居酒屋あいちゃん(酒・ドリンク)
・ちせ(ジャム)
・マヤルカ古書店(祝雑貨・本)
・町家古本はんのき(古本)
・homehome(おみくじ・雑貨)
・トハル(器)
・Entani kanae(刺繍雑貨)
・マメイケダ(ライブごはん絵)
ライブ  安藤明子

詳しくは、山ト波のホームページで。

町家古本はんのきの場所はコチラ
町家古本はんのきの12月の店番表はコチラ
                
ツイッターやってます。時たま、つぶやきます。
町家古本はんのき @MFhannoki
古書ヨダレ @yodare_guyaga_a
古書ダンデライオン @koshodandelion


町家古本はんのき の 年末年始

by ダンデライオン

です。

町家古本はんのきの今年の営業は、28日(水)までとなります。
2017年の営業開始はまだ未定です。

以下は、年末年始のイベントです。

・Silent Night ~無言で本を読む会~
とき:2016年12月24日(土) 19時~21時ごろ
ところ:町家古本はんのき

古書ヨダレの主催イベントです。はんのき店内でお好きな本を選んでいただき、
それを、ただただ静かに読む、という会です。チタチタ喫茶さんの珈琲と、
雨林舎さんのシュトーレンもあります。
別名「恋人でない人たちのクリスマス読書会」ということで、カップル・ご夫婦での
参加はできません。あしからず。
ご予約は、メール(m.f.hannoki@gmail.com)かツイッターのDMでお名前をお知らせください。

・2016阪神歳末古書ノ市
とき:2016年12月26日(月)~30日(金) 
   10時~20時 最終日は17時まで
ところ:阪神百貨店梅田本店 8階催事場

毎年お馴染みの古本市です。京都からは、古書ダンデライオンが参加します。
参加店舗は、大阪から池崎書店、古書ゆうらく、小町書店、矢野書房天満橋店、駒鳥文庫、
シアル、寸心堂、栞書房、神戸からサンコウ書店、清泉堂倉地書店、おくだ書店、
金沢からオヨヨ書林です。
ここでしか出逢えない本、年越し、新年に読む本を探しに来てください。
同時開催の中古&廃盤レコード・CDカウントダウンセールも全国からレコード屋さんが大集合。

・恵文社冬の大古本市
とき:2016年12月27日(日)~2017年1月9日(月・祝) 
   10時~18時
ところ:恵文社一乗寺店

こちらも毎年開催の名物イベント。今回、初めて町家古本はんのきも参加いたします。
参加店は、ありの文庫、えほんやるすばんばんするかいしゃ、古書ソオダ水、
固有の鼻歌、ジグソーハウス、シマウマ書房、書肆中松、文月書林、マヤルカ古書店、
迷子など。
年をまたぐ、なにやらめでたい古本市です。晦日、元旦、初詣でがてら、どうぞ。

町家古本はんのきの場所はコチラ
町家古本はんのきの12月の店番表はコチラ
                
ツイッターやってます。時たま、つぶやきます。
町家古本はんのき @MFhannoki
古書ヨダレ @yodare_guyaga_a
古書ダンデライオン @koshodandelion


2016年12月 の 店番表 と イベント

by ダンデライオン

です。
いよいよ12月。いつも通りあっという間に2017年がやってきそうですが、
1日ずつ2016年を嚙み締めつつ過ごしましょうか。

今月の開店日、店番はホームページ上部の「店番表」にてご確認くださいませ。

以下、12月のイベント2つ紹介です。

・ゆすらごの大パノラマ2

とき:2016年12月10日(土)、11日(日)、13時開場、14時スタート
ところ:京都紫明会館3F (場所はコチラ)。
おだい:各日前売3,000円(当日3,500円) 
    2日間通し券は5,000円(要予約)
    中学生以下は、前売1,500円(当日2,000円)

町家古本はんのきの近くの喫茶ゆすらごさんによる自主企画ライブイベント。
京都のみならず、日本のあちらこちらから、これぞ、というミュージシャンが集結する2DAYS。
町家古本はんのきも、出張古本販売いたします。
詳細・ご予約・お問合せは、喫茶ゆすらごさんまで→コチラ

・雑誌『ヒトハコ』創刊記念、南陀楼綾繁 関西トークツアー

とき:2016年12月17日(土) 19時~
ところ:町家古本はんのき
おだい:1,000円
ていいん:20名

『ヒトハコ』の創刊を記念して、西日本、北陸に続き、関西で編集発行人・南陀楼綾繁のトークツアーを開催します。大阪、京都、兵庫の3か所です。いずれもご縁のある方のお店で開催させてもらいます。
なお、京都では創刊号に登場する数人に駆けつけてもらい、お話していただく予定です。

この雑誌を手に取ってくださったり、ご興味のある方は、お近くでの開催はもとより、ちょっと交通費使ってでも面白いと思っていいただけるイベントにしますので、ぜひご参加ください! もちろん、各会場では『ヒトハコ』創刊号を販売します。

『ヒトハコ』公式サイト
http://hitohako-magazine.wixsite.com/hitomag

南陀楼綾繁(なんだろうあやしげ)
1967年、島根県出雲市生まれ。ライター・編集者。2005年から谷中・根津・千駄木で一箱古本市を開催する「不忍ブックストリート」代表として、各地のブックイベントに関わる。「一箱本送り隊」呼びかけ人。2016年秋、雑誌『ヒトハコ』を創刊。著書に『谷根千ちいさなお店散歩』『ほんほん本の旅あるき』ほか。
ツイッターアカウントはコチラ

【京都編】
「地域をつなぐ雑誌のできるまで」

全国に広がっている一箱古本市から雑誌が生まれました。その名も『ヒトハコ』! 各地の注目の書店、本好きの人たちを紹介するこの雑誌には、5つの町に住む「地域編集者」が参加しています。今回の会場となる町家古本はんのきの中村明裕(古書ダンデライオン)もその一人です。同誌編集発行人の南陀楼綾繁さんが、この雑誌ができるまでや、地域におけるブックイベントと本屋についてお話します。

お申し込みは、町家古本はんのき店頭、もしくはメール(m.f.hannoki@gmail.com)にて、
お名前、人数、お電話番号を記載の上、予約してください。
なお、17日は、トークの準備のため、店舗営業は18時までとさせていただきます。

町家古本はんのきの場所はコチラ
町家古本はんのきの12月の店番表はコチラ
                
ツイッターやってます。時たま、つぶやきます。
町家古本はんのき @MFhannoki
古書ヨダレ @yodare_guyaga_a
古書ダンデライオン @koshodandelion